2019年4月30日火曜日

VTRにETCを取り付けた。

2019年ETC助成購入キャンペーンが4/1に始まったばかりだが、ETC付ける人間にとって、1万円の助成金を見す見す手放す訳にはいかんでしょ。
もちろん、間に合うよう、アンテナ分離型か一体型かや、どの機種にするか、どこに付けるかなど諸々のプランを練らないとね。

まぁ一体型は、不細工な筐体が目に入る位置に来るだろうし、最初からナシだわ。もう、分離型のアンテナと本体の位置をどこにするかが、私の悩みどころ。

やっぱり、アンテナはW800 cafe のように(下の写真)、メータ上部とビキニカウルの間がベストかな。ハンドル周りに自由度ができるもんね。


これは予想外だったけど、VTR のシート下って、結構モノが入るスペースがある。



なので本体は、下に奥行のあるシート前方ボックスか、平面で奥行のあるシート後方ボックスかが選択肢。後方ボックスはアクセサリ電源とか取るソケットがあるし、案外、手の入るスペース的には狭いので、ETCカードの出し入れしやすい前方ボックスに決定。
ということは、ETCの機種も縦型が使い勝手良いわけだから、横型の日本無線じゃなく、ミツバのETCに決まり。

あと、どうせなら最新の(メリットがイマイチ分らんけど)ETC2.0に対応した方がウレシイとなったら、

MITSUBA MSC-BE700E

に決定だわ。

だけど、本体はシート下に格納するだけだからいいけど、アンテナはどうやってメータ上に固定するんだという話。
バイク側に穴を開けたりなんてしたくないしね。取り付け予定のビキニカウル側というわけにもいかんしね。うまく車体のどこかに共締めできるのがベスト。

ありましたよ!コンビネーションメータの裏カバー固定ネジの真ん中のやつ。ここからステーを這わして、取り付け台を設置できればいいわけだ。

では、近所のホームセンタ(スーパービバホーム豊洲店)で材料探し。
ステーの素材としては錆などありえないし、アルミじゃ弱そうだから、最初からステンレスに絞って店内を徘徊。いろいろ試行錯誤して、これに決定。



具体的に組み上げると、こんな感じ。


大体、完成がどうなるか分かって来ました?
ただ、これを共締めしようとすると、オリジナルのネジでは長さが足りなくなるので、4x25のネジも購入。結局、他のネジ類も含めて約600円。


アンテナ取り付け台用のプレートはウレシイところに穴が開いてなかったので、インパクトドライバーで開けるしかなかった。しかし、ステンレスは加工しづらいねぇ。
では、完成。




あとはバイク屋さんの仕事なんだけど、自分でも電装パーツを幾つか取り付けたいので、管理しやすいところにアクセサリ電源を引いておいて、そこからETC用に取ってもらえるように配線しておいた。

後日、2りんかん 一之江店 で作業予約し、ETCを取り付けてもらったのがコレ。



本体はこんな感じ。車体側とベルクロで取り外ししやすいようにしてくれてた。


最も気にしていた、配線はこんな感じ。
イイ感じにスパゲッティー状態になってきたねぇ。あと、USB電源とグリップヒーター接続したら完成だけど、スペースの許容量超えるかな?


あと、まだ取り付けると後の作業が面倒だから、仮にビキニカウル「Puig レトロフェアリング汎用 ヘッドライト径180mmタイプ BLACK  D-SMOKE 9554H」を当ててみるとこんな感じ。



もう一工夫すれば、W800 cafe っぽくスッキリするかもね。
こりゃ、楽しみ。


0 件のコメント:

コメントを投稿