2019年5月23日木曜日

VTR にハンドル交換&グリップヒーター&ビキニカウル取り付け

では、最終段階。


を一気にやっちゃいましょう。というより、収まりを見ながら調整しないと取り付けられないから、一緒にやるしかないんだけどね。

とりあえずは、純正ハンドルの取り外しからね。
恐らく、最大の難関である

グリップの取り外し

から取り掛かろうっと。
ハンドル交換した人のブログとか読んでると、みんなこれで苦労してるもんね。そりゃそうでしょう。外れないようにボンドで接着しているものを、逆に、外すんだもんね。

準備した材料と工具として、

  • ブレーキクリーナー
  • エアーダスター
  • プラスチック製の内装はがし(細身タイプ)

で挑んだ。
気合を入れて、グリップとハンドルバーの間に、内装はがしを強引にねじ込むと、

「あれっ、簡単にいけるかも?」

って感じでスポっと入った。恐らく、ボンドが経年劣化で弱ってたんでしょうね。
そして、そのままハンドルバーの円に沿って内装はがしをズラすと、これまたうまく回った。すでに一周したのでボンドは剥がれたことになる。ただ、グリップを引っ張っても、グリップとハンドルに隙間がないので、簡単に抜けない。

ここで、エアーダスターとブレーキクリーナーの登場。隙間にエアーダスターやブレーキクリーナーを吹き込みながら、無理矢理隙間を広げた瞬間にグリップを徐々に抜くの連続で、グリップは抜けた。
プラスチック製の内装はがしなので、ハンドルバーにキズもなく、想像以上のデキ。



スロットル側は再利用するので、内装はがしでボンドをキレイに削ぎ取る。


これでOK。もう峠は越えたので、あとはハンドルバーに付いてる、もろもろを外して、純正ハンドルバーの取り外しが完了。


次は購入した、コンドルハンドルに左右のスイッチボックスを固定する穴を開ける。
ハンドルの端からの寸法は、純正ハンドルと同じにすればいいし、穴の大きさも直径5mmで問題なし。
問題なのは、

コンドルハンドルをどの角度で固定するか

な訳ですよ。これはビキニカウルとの場所の取り合いがあるし、最悪ビキニカウルをどれだけ削るかとも関係するシビアな問題。
とりあえず、コンドルハンドルビキニカウルを仮組みし、実際にまたがって、悩みぬく。


ブレーキ&クラッチレバーの角度は後で何とでもなるからいいけど、スイッチボックスの角度はよく検討しようね。ハンドルの高さが変わると、指のスイッチへの届き方が変わるから、結構乗り心地に影響する。
スイッチボックスの角度が決まったら、スイッチボックスの底面に印を付ける(私はマスキングテープを巻いて、そこにボールペンで印をした)。その印と、純正ハンドルで計測した穴の距離が交差したところが穴開けポイント。

だけど、ボール盤とバイスがなければ、思い通りに穴を開けるのは無理だわな。「電動ドリルで開けられないかなぁ」って思ったそんなアナタと私には、

カスタムハンドル用 ドリル穴開け加工用ガイド

これがあれば誰でもバッチリ。
マスキングテープに印した穴開けポイントが、ガイドの穴の芯に来るように固定し、5mmの鉄キリを電動ドリルをガイドの穴に入れて押し込むだけ。
一応、穴を開けたところは錆が出そうなので、「Birchwood・スーパーブルー・リキッドガンブルー」で黒さび加工した。


穴が開いたら勝ったも同然。元に戻してハンドル交換は完了(グリップ以外ね)。


すでに配線作業は終わっているので、グリップヒーターの取り付けはほとんどノーマルのグリップ取り付け作業と同じ。

注意する点は、スイッチ一体型のグリップヒーターなので、スイッチが来る位置をちゃんと決めないとダメ。ただ、実際に取り付けてみないと微妙なところはわからない。
なので、グリップの内側にボンドを塗って、実際に突っ込み、ボンドが乾くまでの間にグリップを回して角度を決定しないと無理だろうね。私は実際、そうした。


...で、一通りハンドル周りが終わったので、仕上げのビキニカウル取り付け。
ここまで来ると、ビキニカウルと干渉するケーブルなどをズラすことは容易ではなくなっているので、もう腹を決めて、ビキニカウルの干渉する箇所を削るしかない。



今や100均にも電動ルータが(ちょっと高めの値段だったけど)売ってるので、それで時間を掛けて地道に削ればキレイなもんですよ。
早くキレイに仕上げたければ、DREMEL のルータを買いましょう。掃除とかにも使えるし、あると便利。

それでは、ついに!



バイクっていいよね、最高だわ。


5 件のコメント:

  1. FIのVTRに適合するコンドルハンドル探してたらここに辿り着いた・・・ハリケーンだと干渉してしまうって聞いてたからめっちゃ助かりました。自分もこのハンドルつけます笑

    返信削除
    返信
    1. おおっ、ついにプロトのコンドル仲間誕生ですか!
      コンドルの翼が上でも、下でも車体には干渉しなかったので、100%自由ですから、位置決めはいろいろ悶絶してくださいね。( ´∀` )

      削除
    2. 下向きは腰が死にそうですねw
      ところで製品ページに『ノーマルは使用不可。 EFFEX ハンドルバーウェイトが使用できます。』って書いてあるんですけど、ノーマルハンドについてるバーエンドが使えないって意味で社外品の汎用バーエンドは使えるって認識で合ってますかね?バーエンドミラーつけたいんですけど・・・

      削除
    3. VTR250Fは別ですけど、パーツカタログで、カウルなし版はバーエンド一体ハンドルになってますから、外すこと自体無理っぽいです。実際、外せる気がしないです。
      なので、プロトの仕様通りで、内径Φ18対応なら多分大丈夫ですよ。

      削除
    4. すごい丁寧にありがとうございます!

      削除