2020年3月31日火曜日

VTR に GIVI のサイドケースを付けてみた(後編)

今回の作業で一番ブラックボックスだったのが、SB2000(汎用マウントキット) の精度。

東南アジアだけに流通する安価な商品で、商品写真で見た目も結構チープ。でも、だからソソられるっていうのもあるけどね。

試しに、E22N(サイドケース本体)をガチャっとハメようとしたら、

ハマらねぇ!

かなり強い力で E22NSB2000 に変形するぐらい押し当てればハマる状態。当然、リリースボタンも硬くて、簡単に指で押せるようなものではない。
原因は、E22N 側でロックする出っ張りが、SB2000 側ホルダー上部の受けの懐が深くて、なかなか押し込めないこと。

とりあえず、ドレメルのルータ でガリガリと5mmほど削って、やっとのことで簡単にハマるようになった。
多分、金属加工や溶接時の精度で生じるズレだと思うので、運が良ければ加工なしに使える人も奇跡的にはいるんだろうと思う。


あと、このホルダーの塗装を剥がした箇所はどんな下地でも塗れるプライマーとか塗らないと塗料が乗らない。黒いパーツだから、万能黒染めスプレーを錆止め代わりにしておいた(手持ちの黒染め液は全く反応しなかった)。


次は、汎用マウントキットなので、無駄にステーが長い。見栄えが悪いので、ドレメルのルータ で必要なサイズにすべてカット。
右のタンデムステップ根本にあるマフラーステー固定部と、ホルダーをステーで固定させたいが、残念なことに欲しいところに穴がなかったので、ドリルで穴あけ加工が必要。


ステーはすべて黒染め液が効いたので、ボルトとナット、ワッシャーも含めて全部黒サビ加工しておいた。


最後、やっぱり製品の塗装が不安でサビが心配だったので、ホルダーとステーは強力なシャシー用ブラックで全体を上塗りしておいた。
未塗装のステーを写真左端の中央に置いたので比較すると、写真では結構テカって見えるが、実際には梨地なので案外マットな感じに見える(もうちょっとマット寄りだと思ったので残念)。


完全に乾燥させるため2日は置きたかったので、ついでにサイドケース本体をコートすることにした。
よく街で、無塗装のリアボックスが白っぽく変色して今にもボロボロ崩れ落ちそうになってるやつ見ません?あれだけは避けたいんですよ。
この無塗装樹脂用のガラスコーティング剤だと、硬度がボディー用より低く3Hだけど、3年は効果が持つそうなので、まぁ、保険として施工してみることにした。
比較写真を撮り忘れたけど、黒に深みと光沢が出て、高級感が少し出た。

【2日後】

とりあえず、SB2000 を装着。
なかなかいい感じ。ウインカとの取り合いもバッチリ。



しかし、マフラーステーとホルダーを繋ぐステーの収まりが、イマイチ納得いってない。
  • あまりにも付属のステーを使うことに拘りすぎたからか?
  • ゴムワッシャーをスペーサー代わりにつかったからか?

あと、右側と違って左側は2点での固定なので、見た目が不安定なところか(実用的には問題なさそう)。

まぁ、一応、収まってはいるので、修正は次の時間があるときに先送り(今見ると、それほど問題でもないなぁ)。


では、E22N を装着。
小柄なVTR250には少し大きいのかな、車体との見た目のバランスはイマイチ。でも、そんなことどうでもいいこと。憧れた、サイドケース(パニヤケース)付きのバイクに乗れるのだから。





これでツーリング行っても、積載量に心配なし(もともと自分の荷物は多くない方なので、どっちかというとお土産用かな)。

通常使いだと、やっぱりサイドケースは外して、フニャフニャの防水バックを付けた方がスリ抜けとか気楽にできるしなぁ。



【後日】

やっぱり、左側のホルダーが2点留めなのが気になって仕方がない...。
ネタ探しにホームセンターを探索していると、「丸セパ」なるコンクリート打つときに使う材料らしいが、イケてそうなモノを見つけた。


左右のホルダーを繋げて安定させるには持ってこいな感じなので、ホルダー間の欲しい長さは340mmだったけど、全長345mmの30cm用を税込みで1本35円という安さでゲット(ただ、売られている状態ですらサビが出てるシロモノ)。


SB2000のネジは8mmだけど、これは5/16インチ(7.9375mm)。そんなナットは持ってないので、ナットも4個購入(ワッシャーはSB2000に付属の8mm用を流用)。全部含めて100円しないという、ナイスなプランが完成。
もちろん、サビ取りとサビ止めしておかないとヤバいシロモノなので、丁寧にサビを擦り取って、黒さび加工しておいた。


ただ、ホルダーの4つある穴のうち、後方下部の穴を使おうとしているので、

  • 多分ないけど、ショックが沈んだとき、タイヤが接触しそうな見た目の恐怖感
  • 泥ハネとか小石とかガンガン当たりそうな過酷な場所

っていうのが無駄に心配。

とりあえずは、切断したステーの端材で穴をセットバックさせ、丸セパはハーネスチューブで保護することにした(内径8mmのチューブなので、隙間なくピッタリとフィットさせるため、台所用のアルミテープで丸セパをグルグル巻きにし、スーパーXで端っこを密封した)。
あと、ブレ・振動吸収用にゴムワッシャー、ゆるみ止めにねじロックは必須。


では、取り付け。




やっぱり、左のホルダーのブレがほぼなくなって、見た目の安定感も違う。
ただ、ヤボったくなったねぇ...、後ろから見ると顕著。 スマートじゃないんだよね。


なくても実際は困らなかったしなぁ...。
気持ち悪くなったら、取り外そうっと。だって、製作費100円ぐらいしか掛かってないしね。



0 件のコメント:

コメントを投稿