2021年4月2日金曜日

VTR のコレ、意味わかる?


 VTR FI のデザインで全く気に入らないのが、コレ!


この気持ち悪いパネルのおかげで、トラス構造の機能美とか、頑張ったタンクのデザイン、前から後ろへのデザインの流れがぶった切られていて最悪だ。

Special Editionはパネルの色がボディーカラーに近いので主張は強くないが、あえてボディーカラーやシートと全く違う目立つ色を採用したカラーバリエーションもあった。FI以前のキャブ版のVTRのデザインの方が優れていると考えるユーザーは多いと聞くので、おそらく、大きく違う

  • メーター周り
  • テール周り
  • タンク下パネル

の中で、このタンク下パネルに違和感や気持ち悪さを持つ人が多かったからじゃないかと勝手に想像する。

ただ、キャブ版のVTRでは、横から見たタンクとシートの接続部のデザイン処理が無さ過ぎて、「次は何とかしなきゃ」と開発デザインチームが考えたんだろうとは予測できる。けれど、このパネルデザインはFI版最大の間違いだ。最も主張させなければならないパーツはトラス構造のフレームで、他は主役を引き立てる脇役か、デザインの流れを邪魔しないエキストラに徹していれば良かった。

なので、ちょっと本来あるべき姿に手を加えてみようと思う。とりあえずは下記のポイント

  • 奇怪なパネルの形状がトラスを構成するフレーム一本一本の方向を打ち消している。なるべく周辺のラインに溶け込ませるか、逆に複雑なラインを与えて方向感をなくしてしまうか。
  • パネルに一部を隠されたおかげで、タンクの形状に不安定で違和感のある印象を与えている。本来あってほしいタンクの形状に見えるラインを強調する必要がある(よく見ると、オリジナルにも、薄~くラインが見えるようデザインされていますね)。


これが自分で考えた解決方法。


ちょっと光って見えづらいですね。すみません。
3D CADでデザインしてたら、ついつい、想定外の車名エンブレムまで作っちゃいましたけど、これは単なるアクセントで個人的な趣味です。


HONDAのロゴをモチーフにした複雑なラインのタンクパッドで、パネル外周の奇怪なラインを打ち消したし、このタンクパッドの外周のラインが、本来あるべきタンクの形状を感じさせるので、見た感じの安定感が増したと思います。

しかも、このタンクパッドは3DプリンタのフィラメントとしてTPEを使ったので、ちゃんとゴムみたいにグリップ感があり、機能的でもあります(当初は車名エンブレムと同じくTPUで出力したのですが、全くグリップ感なくて、TPEのフィラメントをアマゾンで購入しました)。

そんな、VTR FIオーナーなら誰もが求めるこの商品を、このブログお読みの皆様に限り...。

そんな訳ないです。STLファイル置いておきますので、3Dプリンタ持っている方はご自分で、お持ちでない方はお持ちの方に頼んで出力してもらってください。

VTR_momopad.zip

240mm x 120mm が出力できる3Dプリンタを前提に制作したので、それ以下の出力サイズの方はプリントレイアウトを工夫し、縮小プリントしてください。

ただし、STLファイルの再配布は厳禁です。






2021年1月31日日曜日

PCX125 (JF56) のZORRO屋根にキャリアをつけてみた。

 前回ミスったところは、

  1. 前方のキャリアのマウンタが全くフィットしてない。
  2. 前方と後方のキャリアをつなぐサイドバーがフィットしてない。

ってなところ。

...で、修正&再印刷に4日掛かり、ついに再取り付け。





なんとかフィットした。

構想から完成までほぼ1か月。いろいろ試行錯誤したものの、とりあえず終わった。納得いってないところは何点もあるけど、とりあえず終わった。

あとは、どれだけ天候・衝撃・時間に耐えられるかが問題ですな。

まぁ、壊れたら、納得いってないところも修正してバージョンアップしていこうっと、前向きにね。

いやぁ、3Dプリンタって面白いね。マジ、買ってよかったわ。

2021年1月28日木曜日

PCX125 (JF56) のZORRO屋根にキャリアをつけてみよう!

 頻度はかなり低いけど長いモノ、脚立とか持ってバイクで移動したいとき、屋根に縛れたらいいなぁってことがありましてね。3Dプリンタが手に入ったことだし、自作してみようかと考えたわけですよ。

...で、いろいろ計測。


やってみて実感したけど、立体ものの計測って極めて難しいね。考えることが多すぎて頭が混乱するわな。おそらく失敗するだろうという予感しかしない。

まぁ、失敗はしたくないけど、ここで止まったら一歩も進めなくなるので、もう完璧な計測結果なのだと自己暗示かけて、設計に移りましょう。そう、失敗したら、そこを修正すればいいんですよぉー。


使用する素材は、極力軽くて丈夫で錆びないものだろうし、基本はアルミで、剛性が必要なネジ等はステンレス。3DプリンタのフィラメントはやっぱABSでしょうね。だけど、3Dプリンタで出力したものに堅牢度と耐久性を求めるのは怖いから、壊れても金属で支えられるよう設計して保険を掛けとかないとね。




まぁ、設計はこんな感じで完了。ボルト、ナット、ネジとかの材料は近所のホームセンターと、置いてなかったものはモノタロウで調達。

3Dプリンタで印刷するのに1週間程度の連続運転。アルミ角パイプとか他の材料はとっくに調達終わってるし、加工作業も完了したけど、印刷完了待ちですよ。


...で印刷が完了し、待ちに待った取り付け作業。

「あっ...合わない」。




いやぁ、しかし計測は難しいですな。もう笑っときましょう。

はい、やり直~し(泣)。

2021年1月1日金曜日

こんな時代やさかい、日本橋七福神めぐり。

 水際対策など見ないふりで外国人入れまくって、夜の街対策にも目をつぶったおかげで、ヤな感じのお正月。

別に新規感染者が増えたところで、コロナ関連の死亡者・重傷者が海外並みに増えたわけじゃない。変異種発生とマスコミが騒いだところで、毒性は弱まるのが常だし、高齢者や持病もちじゃなければインフル並みの感染症。

これで大多数の人間に家に居ろといっても、誰も納得するわけがない。

初詣も分散しろとか、もういい加減にして。純粋な初詣でウイルスが口や目から入るん?もう一年近く経ってるんだから、もっとマシなこと言えるでしょ。

ってことで、手が口や目に触れる前にはアルコール消毒を徹底し、元旦の七福神めぐりに参戦。

去年は港区七福神めぐりだったけど、今年は最短で巡拝できる、初めての日本橋七福神めぐり。ちょっと、「日本橋」っていう響き、良くないです?


1. 【弁天さん】水天宮境内の宝生弁財天

想像するような人出はなくまばら。一番目として、幸先の良いスタート。でも、趣味の悪い佇まいですな、荘厳さや情緒も何もない、金の匂いしかしない。改築時に誰も指摘してくれなかったんですかね、深川不動尊本堂とかもそう、東京の人はこういうのが好みなんですか?

あっ、肝心の弁天さんは境内にちょこんとあるので、メインに気を取られて参り忘れて、戻って参りなおしました。すいませんでした。


2.【大黒さん】松島神社...いや、大鳥神社

公式サイトに堂々と「松島神社」と書くなら、付近の案内にもそう書いてよ。何のこだわりか「大鳥神社」とそこら中に貼ってある。こういうの、「通」とか「粋」とか思ってるかもしれないですけど、ただただ不親切極まりないですよ。


3.【毘沙門さん】末廣神社

「日本橋」にあるって感じの、こじんまりした良い佇まい。こういうの好き。


4.【寿老神】笠間稲荷神社


正直、七福神の中でも...、あんまり知らない神さんの一人。
やっぱり、特に思い入れもないんですが、そろそろ長寿とかに魅力を感じてくるんでしょうかね。今のところは、ヨボヨボのガタガタになる前に去りたいですけどね。


5.【恵比寿さん】椙森神社


商売やってないけど、何か馴染み深い感じがする神さん。
理由はわからんけどゴネて泣いてた子供はウザかったけど、顔が真っ白になった柴さんが飼い主さんと健気に並んでた姿は可愛かった。元気に長生きしてね。


6.【布袋さん】茶ノ木神社


なんか唐突に、そこにある神社。
もともとはそうじゃなかったんだろうけど、周りが再開発とか、神社自体の改修とかの結果なんだろうなぁ。全く、そこに馴染んでいない感ハンパない。


7.【福禄寿】小網神社


ここが日本橋七福神めぐり一番の泣き所。
これさえなければ最高の七福神めぐりだったんだけど。理由は、


この大行列ですよ(この写真のポイントで中間ぐらい)。
よくは知らないけど、パワースポットブームの罪の部分でしょうね。神社まで1時間越え。ほかの6社が並んでも数分程度だったのに、最後の最後で食らった。

で、これが今年の成果。

今年はコロナ対策で、各社で色紙に印をもらう方式じゃなく、あらかじめ全社の印が押してある色紙を譲っていただく方式だった。ちなみに私は、大盛況な小網神社で譲っていただきました。

小網神社のブームが去ったらまた行きたいですけど、もう、日本橋七福神めぐりはいいかな。来年はまた違うとこに行こうっと。




2020年12月21日月曜日

VTR のココ、気にならない?

バイク王で購入したときから、ものすごく気になっとったんです。
VTR のココ、ハゲとったんですよ。

ちょっと分かりにくいですよね、ココですよ。
そう、靴が擦れる左右のステッププレートのなんちゃってトラス構造部ですよ。 

最初はタッチペンでごまかしてたんだけど、すぐハゲる。 そりゃそうだもの、プロの塗装がハゲる過酷な場所なんだから、タッチペンで対処できるわけがない。
どうもアフターパーツもないようだし、テーピングしたりいろいろ試したけど、全部汚くなって終わり。


ホント、イヤなんだわココ!!
みんなどうしてんのかなぁ、諦めてんの。

ちょっと素人なりにも足搔きたくなったので、国からもらった10万円にちょっと足して購入した3Dプリンタで、ワンオフしてみた。

デザイン的に凝る箇所でもないので、近くにあるスキッドパッドを取り付けるエンジンマウントボルトのところに似せた感じで、ハゲる箇所を覆うカバーに徹したものでいくことにした。


こう書くと、簡単にできたような感じだけど、左右のステッププレートが尋常じゃないトルク(88N-m)で締められてるから、非力な私には取り外せなくて、寸法どりがうまく行かずに何度も試作品で微調整するハメになったわけだ...。


実際に取り付けてみると、こんな感じ。


ちょっと、他もカスタマイズ中で散らかってるから、いい全景じゃないですな。
シャーシブラックで塗装後の近景だとこう。



もう、ハゲることないわね。
ちょっと膨らむから乗った時に違和感あるかと思ったけど、ちょっと気になる程度で、逆に、守ってくれてんなぁって感じが頼もしいですわ。

VTRオーナーで、3Dプリンタ持ってる人がいたら、STLファイル置いておくので自由にどうぞ。ただし、STLファイルの再配布は厳禁です。


なお、出力設定はシェル構造にしない設定があるならそれで、できないなら外面の厚が3mm以上になるよう設定してくださいね。中抜きのスカスカだとプロテクターの意味なくなるから。
エレメントは何にも考えずにABSでやりましたけど...。別にプラスチックでもいいだろうし、TPUだとちょっと面白いかもしれんですなぁ。

あと、踵が当たる丸い装飾の部分には、直径47mmの丸いものを貼り付けられるようにしてます。上の写真で使っているエンブレムのサンプル「VTR靴当てカバー_エンブレム.stl」というファイルを添付してありますけど、各自好きなエンブレムを作って楽しんでくださいよ。
くれぐれも、靴が一番当たる箇所なので、その点を十分に考慮してデザインしてくださいね。




2020年6月4日木曜日

ウインカリレーのカチカチ音比較 キタコ VS クロライト

VTR250 FI に付けていたキタコ LEDウインカー専用フラッシャーリレー アドレスV125用755-2409900 のカチカチ音がせず、LEDの点滅もしないことが目立ってきた。
もう、整備不良で指導されるぐらいヤバい。

そういえば、信号待ちとかで「さっき音しなかったなぁ、聞き間違えかな?」っていう瞬間は付け始めのときからあったので、もともと動作不良品だったのかもね(多分、その時も、音しなかったときは点滅もしてなかっただろうね)。

ただ最近、ウインカーを取り換えてから、エンジンが掛かっていないと、ウインカーもハザードもまともに機能しなくなったので、ちょっと、不満はあった。
なので、

「この際、クロライトのKLW-WK03BZ に取り換えるか!」

となったわけ。


もともと、VTR250 FI購入時から、どっちのウインカーリレーにするか迷っていたぐらいで、動作保証期間とアースを独自配線するかの手間でキタコを選んだだけ。
気持ち的には、ヘッドライトバルブと同じクロライトのものを選びたかったわけですよ。

ちょっとでも消費電力が低ければ、エンジン切っててもウインカーが動作するので、それを願って、クロライトのウインカリレーをポチった。

ちょっと残念なことにクロライトは長期休業中(2020/5/25-2020/7/1まで)との告知があった。ブログの方で、理由が体調不良であることを公表されています(私はクロライトの製品が好きなので回復を祈っております)。たまたま、アマゾンの商品ページを見てたら、なぜか入荷があったので、タイミングよくポチれました。諦めて、またキタコを買うしかないかと思っていただけに、天の恵みだった。

ポチって翌々日には商品が到着。早速、比較画像をどうぞ。




取り付けに重要なのは、2極か3極かの差ですね。
3枚目の写真にコメント入れてますが、L(ウインカ側)、B(バッテリ[+]側)、G(バッテリ[―]側)の端子になる。

ただ、VTR250 FIはウインカーリレーの車体側コネクタが3極用の110型カプラなので(3極用カプラだけど、2極しか使われていない)、キタコのは250型カプラへの変換をしないといけない。

変わって、クロライトのは3極仕様へ変更するため、アース線を自力で持ってこないといけない。私はいろんな電装機器を使うため、タンク下に配線引っ張ってきてあるので問題ない。でも、そんな準備ない人は、効率のいい車体アースに使えるボルト探すが、バッテリからマイナス線を持ってこないとね。

頑張ってアース線を持ってこられれば、あとは簡単。
車体側のウインカリレーの防水キャップを通して、


※多分、アキバのパーツ屋に行けば、10円ぐらいで買えると思うけど...、持ってたから調べてない。


車体側の空いてるスリーブに差し込めば、クロライト用の3極110型カプラ完成。



では、せっかくなので、キタコとクロライトの比較動画をお楽しみください。

ちなみに音色的に、キタコは突き刺さるような高音の打撃音で、クロライトはその角を取った大人な感じ(ウインカーリレーに貼ってあるシールの下に穴が開いてるなら、シールの有無だけかもと思ったが、シールの下には音が抜ける穴はなかった)。


どっちも、これだけの音量があっても、エンジン掛けてヘルメットしたら、ギリ聞こえるというのは一緒。

キタコ LEDウインカー専用フラッシャーリレー アドレスV125用 755-2409900


クロライト サウンド(カチカチ音)付き LED対応ウインカーリレー KLW-WK03BZ MAX150W

あと、クロライトの商品紹介ページ

ホンダ フォーサイト/PS250/ホーネット250(MC31) VTR250(MC33)/CRF250L/CRF250M(MD38 2012~)※ポジションは無効になります

っていう記載がある。
VTR250 FI のサービスマニュアルの配線図を見る限り、そんなことはできないと信じるけど、ポジション灯が機能しないとなったらイヤ。他の車種用の話か、キャブ時のVTR250への注意書きだと確信してますけどね。


...で、検証動画です。
もう、動画の最初からポジション灯が光ってるので、疑う余地ない。

あと、クロライトのウインカリレーがキタコより消費電力が低かったらしく、エンジン始動前でもウインカーが点滅し、カチカチ音すらエンジン始動後と同じレベルなことも分かります。


カチカチ音好きなVTR250 FIユーザが他にいるかは知りませんが、もし、どっちのウインカーリレーにするか悩んだら、参考にしてみてください。

ちょっと手間は掛かるけど、おススメは消費電力が低いクロライトの方



2020年3月31日火曜日

VTR に GIVI のサイドケースを付けてみた(後編)

今回の作業で一番ブラックボックスだったのが、SB2000(汎用マウントキット) の精度。

東南アジアだけに流通する安価な商品で、商品写真で見た目も結構チープ。でも、だからソソられるっていうのもあるけどね。

試しに、E22N(サイドケース本体)をガチャっとハメようとしたら、

ハマらねぇ!

かなり強い力で E22NSB2000 に変形するぐらい押し当てればハマる状態。当然、リリースボタンも硬くて、簡単に指で押せるようなものではない。
原因は、E22N 側でロックする出っ張りが、SB2000 側ホルダー上部の受けの懐が深くて、なかなか押し込めないこと。

とりあえず、ドレメルのルータ でガリガリと5mmほど削って、やっとのことで簡単にハマるようになった。
多分、金属加工や溶接時の精度で生じるズレだと思うので、運が良ければ加工なしに使える人も奇跡的にはいるんだろうと思う。


あと、このホルダーの塗装を剥がした箇所はどんな下地でも塗れるプライマーとか塗らないと塗料が乗らない。黒いパーツだから、万能黒染めスプレーを錆止め代わりにしておいた(手持ちの黒染め液は全く反応しなかった)。


次は、汎用マウントキットなので、無駄にステーが長い。見栄えが悪いので、ドレメルのルータ で必要なサイズにすべてカット。
右のタンデムステップ根本にあるマフラーステー固定部と、ホルダーをステーで固定させたいが、残念なことに欲しいところに穴がなかったので、ドリルで穴あけ加工が必要。


ステーはすべて黒染め液が効いたので、ボルトとナット、ワッシャーも含めて全部黒サビ加工しておいた。


最後、やっぱり製品の塗装が不安でサビが心配だったので、ホルダーとステーは強力なシャシー用ブラックで全体を上塗りしておいた。
未塗装のステーを写真左端の中央に置いたので比較すると、写真では結構テカって見えるが、実際には梨地なので案外マットな感じに見える(もうちょっとマット寄りだと思ったので残念)。


完全に乾燥させるため2日は置きたかったので、ついでにサイドケース本体をコートすることにした。
よく街で、無塗装のリアボックスが白っぽく変色して今にもボロボロ崩れ落ちそうになってるやつ見ません?あれだけは避けたいんですよ。
この無塗装樹脂用のガラスコーティング剤だと、硬度がボディー用より低く3Hだけど、3年は効果が持つそうなので、まぁ、保険として施工してみることにした。
比較写真を撮り忘れたけど、黒に深みと光沢が出て、高級感が少し出た。

【2日後】

とりあえず、SB2000 を装着。
なかなかいい感じ。ウインカとの取り合いもバッチリ。



しかし、マフラーステーとホルダーを繋ぐステーの収まりが、イマイチ納得いってない。
  • あまりにも付属のステーを使うことに拘りすぎたからか?
  • ゴムワッシャーをスペーサー代わりにつかったからか?

あと、右側と違って左側は2点での固定なので、見た目が不安定なところか(実用的には問題なさそう)。

まぁ、一応、収まってはいるので、修正は次の時間があるときに先送り(今見ると、それほど問題でもないなぁ)。


では、E22N を装着。
小柄なVTR250には少し大きいのかな、車体との見た目のバランスはイマイチ。でも、そんなことどうでもいいこと。憧れた、サイドケース(パニヤケース)付きのバイクに乗れるのだから。





これでツーリング行っても、積載量に心配なし(もともと自分の荷物は多くない方なので、どっちかというとお土産用かな)。

通常使いだと、やっぱりサイドケースは外して、フニャフニャの防水バックを付けた方がスリ抜けとか気楽にできるしなぁ。



【後日】

やっぱり、左側のホルダーが2点留めなのが気になって仕方がない...。
ネタ探しにホームセンターを探索していると、「丸セパ」なるコンクリート打つときに使う材料らしいが、イケてそうなモノを見つけた。


左右のホルダーを繋げて安定させるには持ってこいな感じなので、ホルダー間の欲しい長さは340mmだったけど、全長345mmの30cm用を税込みで1本35円という安さでゲット(ただ、売られている状態ですらサビが出てるシロモノ)。


SB2000のネジは8mmだけど、これは5/16インチ(7.9375mm)。そんなナットは持ってないので、ナットも4個購入(ワッシャーはSB2000に付属の8mm用を流用)。全部含めて100円しないという、ナイスなプランが完成。
もちろん、サビ取りとサビ止めしておかないとヤバいシロモノなので、丁寧にサビを擦り取って、黒さび加工しておいた。


ただ、ホルダーの4つある穴のうち、後方下部の穴を使おうとしているので、

  • 多分ないけど、ショックが沈んだとき、タイヤが接触しそうな見た目の恐怖感
  • 泥ハネとか小石とかガンガン当たりそうな過酷な場所

っていうのが無駄に心配。

とりあえずは、切断したステーの端材で穴をセットバックさせ、丸セパはハーネスチューブで保護することにした(内径8mmのチューブなので、隙間なくピッタリとフィットさせるため、台所用のアルミテープで丸セパをグルグル巻きにし、スーパーXで端っこを密封した)。
あと、ブレ・振動吸収用にゴムワッシャー、ゆるみ止めにねじロックは必須。


では、取り付け。




やっぱり、左のホルダーのブレがほぼなくなって、見た目の安定感も違う。
ただ、ヤボったくなったねぇ...、後ろから見ると顕著。 スマートじゃないんだよね。


なくても実際は困らなかったしなぁ...。
気持ち悪くなったら、取り外そうっと。だって、製作費100円ぐらいしか掛かってないしね。