2020年12月21日月曜日

VTR のココ、気にならない?

バイク王で購入したときから、ものすごく気になっとったんです。
VTR のココ、ハゲとったんですよ。

ちょっと分かりにくいですよね、ココですよ。
そう、靴が擦れる左右のステッププレートのなんちゃってトラス構造部ですよ。 

最初はタッチペンでごまかしてたんだけど、すぐハゲる。 そりゃそうだもの、プロの塗装がハゲる過酷な場所なんだから、タッチペンで対処できるわけがない。
どうもアフターパーツもないようだし、テーピングしたりいろいろ試したけど、全部汚くなって終わり。


ホント、イヤなんだわココ!!
みんなどうしてんのかなぁ、諦めてんの。

ちょっと素人なりにも足搔きたくなったので、国からもらった10万円にちょっと足して購入した3Dプリンタで、ワンオフしてみた。

デザイン的に凝る箇所でもないので、近くにあるスキッドパッドを取り付けるエンジンマウントボルトのところに似せた感じで、ハゲる箇所を覆うカバーに徹したものでいくことにした。


こう書くと、簡単にできたような感じだけど、左右のステッププレートが尋常じゃないトルク(88N-m)で締められてるから、非力な私には取り外せなくて、寸法どりがうまく行かずに何度も試作品で微調整するハメになったわけだ...。


実際に取り付けてみると、こんな感じ。


ちょっと、他もカスタマイズ中で散らかってるから、いい全景じゃないですな。
シャーシブラックで塗装後の近景だとこう。



もう、ハゲることないわね。
ちょっと膨らむから乗った時に違和感あるかと思ったけど、ちょっと気になる程度で、逆に、守ってくれてんなぁって感じが頼もしいですわ。

VTRオーナーで、3Dプリンタ持ってる人がいたら、STLファイル置いておくので自由にどうぞ。ただし、STLファイルの再配布は厳禁です。


なお、出力設定はシェル構造にしない設定があるならそれで、できないなら外面の厚が3mm以上になるよう設定してくださいね。中抜きのスカスカだとプロテクターの意味なくなるから。
エレメントは何にも考えずにABSでやりましたけど...。別にプラスチックでもいいだろうし、TPUだとちょっと面白いかもしれんですなぁ。

あと、踵が当たる丸い装飾の部分には、直径47mmの丸いものを貼り付けられるようにしてます。上の写真で使っているエンブレムのサンプル「VTR靴当てカバー_エンブレム.stl」というファイルを添付してありますけど、各自好きなエンブレムを作って楽しんでくださいよ。
くれぐれも、靴が一番当たる箇所なので、その点を十分に考慮してデザインしてくださいね。