2021年1月28日木曜日

PCX125 (JF56) のZORRO屋根にキャリアをつけてみよう!

 頻度はかなり低いけど長いモノ、脚立とか持ってバイクで移動したいとき、屋根に縛れたらいいなぁってことがありましてね。3Dプリンタが手に入ったことだし、自作してみようかと考えたわけですよ。

...で、いろいろ計測。


やってみて実感したけど、立体ものの計測って極めて難しいね。考えることが多すぎて頭が混乱するわな。おそらく失敗するだろうという予感しかしない。

まぁ、失敗はしたくないけど、ここで止まったら一歩も進めなくなるので、もう完璧な計測結果なのだと自己暗示かけて、設計に移りましょう。そう、失敗したら、そこを修正すればいいんですよぉー。


使用する素材は、極力軽くて丈夫で錆びないものだろうし、基本はアルミで、剛性が必要なネジ等はステンレス。3DプリンタのフィラメントはやっぱABSでしょうね。だけど、3Dプリンタで出力したものに堅牢度と耐久性を求めるのは怖いから、壊れても金属で支えられるよう設計して保険を掛けとかないとね。




まぁ、設計はこんな感じで完了。ボルト、ナット、ネジとかの材料は近所のホームセンターと、置いてなかったものはモノタロウで調達。

3Dプリンタで印刷するのに1週間程度の連続運転。アルミ角パイプとか他の材料はとっくに調達終わってるし、加工作業も完了したけど、印刷完了待ちですよ。


...で印刷が完了し、待ちに待った取り付け作業。

「あっ...合わない」。




いやぁ、しかし計測は難しいですな。もう笑っときましょう。

はい、やり直~し(泣)。

0 件のコメント:

コメントを投稿